GALA

プリントテキスタイルのための開かれた場

劇場

昼はヘヴィな話の挿絵と格闘。夜は家族の心の風邪病院付き添い。いつもより長く待合室いたためか、かなりカオス体験。救急で運ばれた女性はソファーに倒れ込む。家族が立ち会わないと入院できないんだって。もめてる隙間をすっごいちゃらい格好のexitみたいな男子が通過。血液検査のアイスボックス運ぶ人だった。よくしゃべる3人家族は一緒に診察室入って行く。誰が患者さんか全くわからなかった。ぐったりと帰宅すると、テレビで歌コン。武田真治と氷川きよしと石丸幹二が大熱唱。歌声心に響かずも。すごい画面力に目が離せず。この世は劇場のようだわ。絵は逆ベクトルに気持ちを持ってきたくてむさぼり描く。

夜仕事できずうごけず。。明日からまた頑張ろう。

Written by admin