GALA

プリントテキスタイルのための開かれた場

中之条ビエンナーレ

群馬で開催中の中之条ビエンナーレへ。いとこのももちゃんと相方クレム君が参加してる作品をみんなで見に行く。四万温泉郷付近の空き家や廃校にて作品展示。川も超綺麗で通しのいいとてもいい空間でそれに合った作品郡で気持ちいい。刺激受け、明日への活力となる。同時にビエンナーレなど公共の展示難しさも感じる。ふつうのおじいちゃんとかほっこり見に行きたりしてて、なんか意味わかんないけど何か感じていただければでいいでいいか。私はもしかしたら例えば別途説明サイトなど掲載したりとか、もう少しコンセプトを踏み込んで伝えていいのでは派かもと感じたり。アートはエンターテイメントではないんだけど、こういう展示となると美術館展示とはまた違う開かれた見せ方の工夫の可能性と難しさなど巡らす夏の終わり。

Written by admin